観光・遊び・買い物

タオイスト テンプル(道教寺院)  セブ市

1
タオイスト テンプル(Taoist Temple、道教寺院)  セブ市

タオイスト テンプル(道教寺院) とはセブ島セブ市にある中国寺院です。中国の思想家「老子」の教義が祭られています。建物には赤や緑の華やかな色が使われていて中国寺院であることを強く印象付けます。この寺院は1972年にセブ島に住む中国人コミュニティーによって建設されました。フィリピンには先住民のマレー系をはじめスパニッシュ系、中国系の人種、またはその混血をよく見かけます。中国系(華僑)は戦後からフィリピンに入植し、これまでにビジネスの面で大きな成功を収めていて、フィリピンの経済を動かすほどになっています。中国人コミュニティーは絆が強く、セブ市にあるこの道教寺院もコミュニティーの寄付によって建てられました。

場所は海抜約300メートルの山の中腹にあり、セブ市街を真近に見下ろす眺めの良い場所です。天気が良ければマクタン島もきれいに見えます。寺院は一般の人にも開放されているので信者でなくとも入場できます。敷地内には拝殿や本堂の他に万里の長城を再現した通路や願い事をする泉、7重の塔、龍の像、庭園なども見どころです。2個の木片を使って運勢を占ってくれるサービスもあります。また、毎週水曜日と日曜日には道教の儀式が行われます。

キリスト教の教会が立ち並ぶこのセブ島で中国寺院は異彩を放つ存在です。しかし、ガイドブック等にはその物珍しさからセブ島の観光名所として紹介されていて、観光客を乗せた大型バスが何台もやって来るほど知名度の高い観光地です。そしてほとんどの観光客はフィリピン人で珍しい建物の前での記念撮影に余念がありません。しかし、この寺院は珍しい建物以外にも隠された秘密(?)があります。日本人であればうすうす感付いていると思います。

 

<道教とは>
道教とは中国大陸で発祥した中国史の起源に遡る民間信仰です。神話の神々を起源とした多数神教で様々な神様が存在します。他の宗教に比べてより民衆に近い宗教だといわれています。釈迦の仏教、孔子の儒教などは高邁な哲学で解脱を説きます。しかし道教では民衆の身近な哲学で教えを説きます。道教では民族的習慣としてあった呪術、おふだ、呪言、占いなどを取り入れていたり、困窮している者への救済や希望、医学や薬草学から健康法、更には錬金術まで教えは多岐にわたります。

老子の道教は釈迦の仏教、孔子の儒教と並び中国の三大宗教のひとつとして君臨していました。しかし第二次大戦後、毛沢東による大躍進政策によって宗教が禁じられ、さらに文化大革命で徹底的に破壊され、道教は中国から姿を消しました。

しかし、革命後も限定的にですが道教は生き残りました。よく耳にするところでは「風水」です。風水は道教の流れを汲む哲学です。また、革命時に中国を離れていた華僑によって道教の教えが引き継がれているところもあります。

2
立派な赤い門が出迎えてくれます。

しかし、ここは駐車場の入口です。本堂への入口は隣にあります。

3
本堂へ向かう入口はこちら(左)になります。ここから99段の階段を登って行きます。

4
拝殿が見えてきました。あと少しです。

 

5
拝殿の所まで上がってきました。建物はまだ新しく歴史的な雰囲気はありませんが、色使いが綺麗です。

6
この日も熱心にお参りする参拝者の姿がありました。

7
寺院の紋章でしょうか。

8
大きな龍の像があります。

道教の教えでは、竜は水に纏わる霊獣で雨や天候を支配するとされています。その啼き声によって雷雲や嵐を呼びます。農村で雨を祈願するときに龍の像を置いたりします。しかし、ここは熱帯雨林のセブ島です。雨の心配は無いでしょう。他に意味があるはずです。

龍に関するものは寺院内の至るところにあります。拝殿の屋根には龍の像が合計10体あります。本堂の屋根にも8体あります。他にも壁に無数の龍の絵が描かれていたり、龍の掛軸が飾られています。

風水では龍は強い霊力を備えた『聖獣』で家を危険から守り金運をもたらします。また、龍穴(りゅうけつ)という言葉があります。龍穴は龍の住む穴を意味し、大地の気が吹き上がる場所とされていて、風水術において繁栄する土地を示します。つまり、ここは意図的に作り出された龍穴(パワースポット)なのです。

 

9
万里の長城を模した通路です。この先には地元の人(ビバリーヒルズに住む参拝者)が利用する出入り口があります。一般の人も利用できる出入り口ですが、駐車場はありません。

10
敷地内の植木はいつもきれいに手入れされています。一番高い所に建っている建物が本堂です。

11
本堂です。中は撮影が禁止されています。

12
本堂の前から見えるセブ市街です。この日はマクタン島まではっきりと見えました。

13
本堂の横に願いの泉があります。願いを込めて泉にコインを投げます。泉の中に置かれた壺にコインを投げ入れることができるとより効力を発揮します。

14
塔の中に何か祭られている様子は無く、日本で言えば庭園に置かれる石の塔と同じ意味だと思います。しかし、スケールが違います。

15
セブ市のビバリーヒルズ(住居専用地区)内に寺院があります。このビバリーヒルズは大富豪が好んで豪邸を構える地域です。特にフィリピンでビジネスに成功した中国系の大富豪が多く住んでいます。

道教寺院は観光地として見ている人がほとんどですが、そこは中国系大富豪達によって造られた寺院です。その意味を知ってしまうと少し違った場所に見るのではないでしょうか。

 

アクセス

タクシーで行く場合、ドライバーに「チャイニーズ テンプル イン ビバリーヒルズ(Chinese Temple in Beverly Hills)」と伝えてください。ただし、帰りのタクシーは拾えないのでドライバーと交渉して貸切って帰るまで駐車場で待ってもらってください。アヤラモールから貸切りで利用する場合1000ペソ前後の交渉になると思います。料金はアヤラに戻ってから渡すようにしてください。

最寄りのショッピングモールのJYスクエアからモーターサイクルタクシー(ハバルハバル)を利用する手もあります。この場合も貸切ってください。1人100ペソ前後になると思います。料金はJYスクエアに戻ってから渡すようにしてください。

歩くのが苦にならない方には歩いて行ける距離だと思います。ビバリーヒルズ内はほとんど車は走ってません。JYスクエアから道教寺院まで片道2㎞です。

住所:Beverly Hills Subdivision, Lahug, Cebu City
開園時間:午前7時~午後5時
電話番号:032)2546503
定休日:無休

この投稿は 2015年1月22日 木曜日 10:08 AM に 観光, 観光・遊び・買い物 カテゴリーに公開されました。
投稿者: cebuenglish

コメントをどうぞ

掲載日: 2015-01-22
更新日: 2016-06-03
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア