観光・遊び・買い物

カートゾーン(Kart Zone)  セブ市

1
カートゾーン(Kart Zone) セブ市

カートゾーンはセブ島セブ市にあるゴーカートのレーシングサーキットです。コース幅も広く、毎年ゴーカートのシリーズ戦やミニバイクレースが行われています。平日とレースの無い週末は一般の方もレンタルカートによるサーキット走行が楽しめます。

2 3 4
レンタルカートは一般の人向けでエンジン出力を下げてはありますが、結構なスピードが出ます。速い方は1周回るのに1分かかりません。

5
ピットレーンの側にある休憩所・カフェです。見物だけでもここに入ることができます。レンタルカートを利用される方は奥に見える小さな窓口で申し込みをします。

6
レンタルカートの申し込み窓口です。レンタルカート400ペソとレンタルマスク25ペソで8周走行できます。遊園地のゴーカートとは違い結構なスピードが出るので場合によっては危険が伴います。そのため走行前には誓約書にサインをします。

7
サーキット走行する前に右の青いドアの奥(ブリーフィング ルーム)で安全講習のビデオを見ます。ビデオの説明は全部英語ですが映像だけもでなんとなくわかります。ビデオの内容は「コースアウトして動けなくなっても車を降りてはいけない」。「黄色い旗の意味はコース上に危険あり(停止車両がある)」。など安全について説明しています。

8
ヘルメット着用が義務付けられます。サーキットでレンタルヘルメットを用意しているのでそのヘルメットを着用します。また、サーキットが用意するレンタルマスク(25ペソ)の着用も義務付けられます。

9
いよいよスタートです。これからサーキットに飛び出していくと思うと緊張します。

10 11 12 13
車体は丈夫なバンパーを備えて安全性を高めていますが、遊園地の「バンプカー」のように他車にぶつかってはいけません。故意にぶつけた場合、コーススタッフから走行中止が命じられます。また、クラッシュによって車体およびコースの器物を破損した場合、ドライバーがその負担を負います。 規則として競争してはいけないことになっていますが、ドライバーによって走行スピードは異なるので自分より遅いドライバーを抜き去ってしまっても構いません。

14
カートゾーンは道路から少し入ったところにあって探すのは難しいと思います。マボロ地区にあるバーガーキングを目印にしてください。カートゾーンはバーガーキングの裏手にあります。奥に見える水色の屋根がカートゾーンの建物です。

 

アクセス

タクシーを利用する場合、ドライバーに「バーガーキング イン マボロ(Barger king in Mabolo)」と伝えてください。カートゾーンはバーガーキングのすぐ裏手にあります。
自家用車で行かれる場合は無料駐車場が利用できます。

住所:Cebu Kartzone, F. Cabahug Street, Cebu City
電話番号:(032) 268 2553
営業時間:午前10時~午後9時
ホームページ:http://kartzonecebu.wix.com/kartzone.
ホームページ(Facebook):https://www.facebook.com/pages/Kartzone/122753477751822

この投稿は 2015年3月2日 月曜日 10:18 AM に フィットネスクラブ・スポーツ, プレイスポット, 観光・遊び・買い物 カテゴリーに公開されました。
投稿者: cebuenglish

コメントをどうぞ

掲載日: 2015-03-02
更新日: 2015-09-10
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア