観光・遊び・買い物

マウンテン ビュー  セブ市

1
9
マウンテン ビュー ネイチャー パーク(Mountain View Nature Park) セブ市

マウンテン ビューはセブ市に面する山の斜面にあるマウンテン リゾートです。セブの街を見下ろすこのリゾートはその眺めの良さが魅力です。多くのカップルがここからの夜景を眺めにやって来ます。

また、広大な敷地内にはにはキャンプ場、コテージ(宿泊施設)、セミナーホール、小別荘、子供の公園、プール、ピクニックテーブル、カラオケやジュークボックス、小型動物園、アスレチック施設、眺めの良いレストランなど、フィリピンの人の遊び心をそそる施設が目白押しです。


2
3
サイトマップ
一番下が入り口のゲートで、左上が一番高い場所の展望台です。山の斜面なので展望台以外でも眺めの良い場所はたくさんあります。

4
5
入り口のゲートとインフォメーションセンター
ゲートの料金所で入場料を払います。50ペソ/人です。オートバイや車の乗り入れ料金は無料です。インフォメーションでは園内の施設利用(宿泊やセミナーホール、レンタルテント)の申し込みができます。

6
7
坂道
このリゾートの特徴の一つに「急な坂道」があります。入り口のゲートを過ぎると「這って上るの?」と思うほどの急坂がはじまります。ゲートから展望台まで上ると良い運動になるでしょう。

32
ショートカット
階段を使うと展望台までショートカットできます。階段は420段ありますが、道なりに進むことを考えればかなり距離を稼げます。

8
9
10
展望台
マウンテンビュー一番の売りはここからの眺めです。入り口のゲートから道なりに終点まで上って行くとこの展望台に着きます。ここからの眺めがすばらしく、夕方から夜にかけて夜景を見にくるカップルに人気のスポットです。

セブの街を一望する場所と言えば「トップス(Tops」が有名ですが、マウンテンビューの眺めも負けていません。実はこの展望台、トップスのすぐ下にあります。

トップスは自家用車が無い人には少々難易度の高い場所です。タクシーで行く場合、帰りの足を考えてタクシーを貸切る必要があります。マウンテンビューであればローカルの交通手段「バイクタクシー(ハバルハバル)」を使える人(地元の人)ならそれほど難しくありません。帰りのバイクタクシーもリゾートのすぐ近くで拾えます。

11
展望台の十字架
このリゾートのシンボルになっている大きな十字架が展望台の横に建っています。セブ市街(マンダウエ市辺り)からでも見える大きさです。

12
展望台の売店
展望台には売店があるのでスナックや飲み物もここで手に入ります。アルコール類も少し置いてます。

※売店は午後4時(日曜は午後1時)から深夜にかけて営業。

13
14
15
16
リゾートの至る所にある石像

至る所にある石像は写真を撮るのが大好きなフィリピンの人のためのサービスです。フィリピンの人は石像の前でポーズを決めてたくさんの写真を取ります。リゾート内には撮り尽くせないほどの数の石像があるので、最初から写真を撮りまくるとカメラのバッテリーがもちません。一通り見て回ってから帰りの道中に気に入った石像の前で写真を撮るのが良いでしょう。

17
18
19
スイミングプール
ビーチはありませんがプールがあります。眺めの良いプールが爽快です!

※プールの使用料はプール入り口で払います。

20
21
コテージ(宿泊施設)

山の上は気温が下がるのでセブでは珍しい「暖房」が付いている部屋もあります。しかし、日本人にとっては心地良い涼しさです。

セブで「寒さ」を経験したい方は「West35」があります。こちらも山の上のリゾートでマウンテンビューより高いところにあります。明け方は厚手のジャンパーが必要なほど冷え込みます。「常夏のセブ島で凍えそうになったよ」なんて土産話にいかがでしょうか。セブは1月・2月が一番寒い(涼しい)です。

22
23
レストラン
地元料理が中心です。しっかり食べると言うよりは軽く食べる内容です。

しっかり食事を楽しみたい方にはすぐ近くに人気のフィリピン料理レストラン「ランタウ(Lantaw, Busay」があります。マウンテンビューから歩いていける距離です。

24
25
セミナーホール
結婚披露宴やケータリングのパーティー会場として利用できます。

26
27
28
ピクニック テーブル
リゾート内の至る所にピクニック テーブルがあります。うれしい事にテーブル使用料は無料です。気に入った場所に荷物を置いてピクニックを始めましょう。

29
ビデオケ(カラオケ)
フィリピンのローカルリゾートには欠かせないカラオケ。

31
駐車
車を路上駐車するときは必ず車止めにタイヤを当て止めてください。

※平らな駐車場もあります。


<近くにある観光場所>
36
テンプル オブ レイア(Temple of Leah
入り口のゲートから見えるところに「テンプル オブ レイア」があります。マウンテン ビューを楽しむついでいにこちらも訪れてみると良いでしょう。マウンテンビューから歩いて行ける距離です。


<近くの人気レストラン>
37
ランタウ(Lantaw, Busay
セブで人気のフィリピン料理レストランです。マウンテンビューへ曲がる角から100mのところにランタウの入り口があります。

 

アクセス

33
34
セブ市のショッピングモール「JYスクエア(Jy Square」から島の反対側に通じる国道「トランス セントラル ハイウェイ」で山を登っていきます。7kmほど行くと左カーブの左側に「マウンテンビュー」の看板が出てきます。ここを左に曲がります。看板はカーブの途中で突然現れるので見落とさないように注意してください。

35
入り口の曲がり角
看板で左に曲がって100mほど急な坂道を行くと右に曲がる角が現れます。ここを右へ行くとリゾートの入り口です。

タクシーで行く場合、ドライバーに「マウンテンビュー」と伝えてください。帰りのタクシーが拾えない場所なのでドライバーに帰りまで待ってもらうよう交渉して貸しきってください。JYスクエアやITパークからだと1500ペソ前後での交渉になると思います。支払いは必ず街に戻ってから渡すようにしてください。

バイクタクシー(ハバルハバル)だとJYスクエアから1人75ペソ(片道)です。帰りのバイクタクシーは近くで簡単に拾えます。

住所:Mountain View Nature Park Sitio Garahe, Busay, Cebu City
電話番号:(0915)363-1581、 (0923)484-9960、(0917)631-2520、(0912)481-7627
入場料:50ペソ/人
リゾート営業時間:24時間
カラオケ:朝8時~深夜2時
プール:朝9時~午後6時(平日)/朝8辞~夜9時(土・日・祝日)
レストラン:午後6時~夜10時(平日)/午前11時~夜10時(土・日・祝日)
売店:午後4時~深夜2時(月~木)/午後4時~深夜3時(金・土)/午後2時~深夜12時(日曜)

★コテージ (宿泊)
2人部屋(扇風機、共同トイレ):600ペソ
2人部屋(ヒーター、扇風機):1,000ペソ
2人部屋(ヒーター、エアコン):1,600ペソ
2人部屋スイーツ(ヒーター、エアコン):2,500ペソ
4人部屋(ヒーター、扇風機):1,600ペソ
※チェックアウト:午前12時

★レンタル キャンプテント
子供2人用:200ペソ
大人4人用: 400ペソ
大人5人用: 600ペソ
大人12人用: 1,200ペソ

(2015年11月現在)

この投稿は 2015年11月27日 金曜日 6:01 PM に ハイキング, プレイスポット, 広場・公園, 旅行, 観光, 観光・遊び・買い物 カテゴリーに公開されました。
投稿者: cebuenglish

コメントをどうぞ

掲載日: 2015-11-27
更新日: 2016-06-12
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア