観光・遊び・買い物

セブ島のクリスマス セブ市

1

セブ島のクリスマス セブ市

フィリピンはアジアでも屈指のキリスト教国でキリスト教信者の割合が人口全体の90%以上を占めると言われています。中でもセブ島はフィリピンキリスト教発祥の地でもあり、他の地域以上にクリスマスに対する意識が高いように思います。

下の動画は CEBU English スタッフが撮影したクリスマスの様子です。セブのクリスマスの雰囲気を少しでも感じて頂けましたら幸いです。
キリスト教徒が人口の90%以上を占めるフィリピンではクリスマスは国家行事と言って良いほど重要な祝賀行事です。クリスマスが近づくにつれ気持ちが高まってくるの強くを感じます。また、フィリピンは世界で最も早くクリスマスシーズンが始まる国です。3ヶ月以上前の9月上旬からクリスマスシーズンに突入します。9月と言えば日本では夏休みが終ったばかりで残暑が厳しく、紅葉すら始まっていませんが、フィリピンではクリスマスソングを耳にするようになり、街中ではクリスマスの飾り付けが徐々に増えていきます。ショッピングモールではクリスマスキャロルを流すとともにモール内に巨大クリスマスツリーがお目見えします。そしてクリスマス当日に向けてどんどんムードが高まっていきます。
クリスマスイブの盛り上がりは日本のそれを遥かに上回ります。家では家族が集まり1年で最も豪華な夕食を用意してクリスマスを祝います。夜になるとあちらこちらで花火が上がり祝賀ムードが最高潮に達します。そして、12月25日は教会のミサに参加し神に感謝の祈りを捧げます。
この動画ではセブ市にある英語学校のクリスマスパーティーの様子を取材させていただきました。どちらの学校も会場は大変な盛り上がりで、特にダンスコンテストでは黄色い声援が飛び交い、コンサート会場さながらの盛り上がりでした。

 

3
セブ島で最も交通量の多いフィエンテ オスメニア 通りの環状交差点です。ここにはセブ島最大のクリスマスツリーがお目見えします。この巨大ツリーを見ると街の人達はクリスマスシーズン到来を実感します。

 

456
SM City Cebu(セブ市にある巨大ショッピングモール)の巨大クリスマスツリーはセブ地域で屋内最大のクリスマスツリーです。雪の降らないフィリピンではクリスマスツリーに雪の飾りつけは稀です。上の写真の巨大ツリーのようにデコレーションのみで作られるツリーをよく見かけます。

 

789
セブ市の語学学校JICランゲージスクールのクリスマスパーティーに参加させていただきました。
豪華な食事からダンス大会・ゲーム大会・プレゼント交換と内容が目白押しです。ダンス大会は先生チームがダンスを競います。この日のために放課後に集まって練習してきました。

 

10 11 12
セブ市語学学校のSMEAGのクリスマスパーティーにもお邪魔させていただきました。今年の優秀な先生の表彰から始まり、こちらもダンスです。フィリピンの人は本当に踊りが好きで、音楽が流れると無意識に体が動いてしまいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
セブ島ではクリスマスが過ぎてもお祭りムードは続きます。
毎年1月に開催されるフィリピン最大のダンスイベント「シノログ フェスティバル」がセブ市で開催されます。このダンスイベントはキリストの幼き像「サント二ーニョ像」が大航海士マゼランからセブ王妃に贈呈された喜びをダンスで表現するイベントです。フィリピン各地から選りすぐられたダンスチームがセブに集結し、踊りながらセブの町を練り歩きます。シノログ フェスティバルにはフィリピン中から人が集まり街中は人でごった返し、当日は足の踏み場もありません。そして、この日までセブ島ではお祭りムードが続き、クリスマスツリーやクリスマスの飾り付けもシノログ祭りが終わるまでそのままです。このダンスイベントは毎年1月の第3日曜日に開催されます。
フィリピンのクリスマスシーズンは9月から始まり、そして年を越してシノログフェスティバルが開催される1月後半まで、クリスマスシーズンが1年の約1/3にもなります。

この投稿は 2015年2月5日 木曜日 5:21 PM に イベント, セブお役立ち情報, 観光 カテゴリーに公開されました。
投稿者: cebuenglish

コメントをどうぞ

掲載日: 2015-02-05
更新日: 2015-09-10
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア