観光・遊び・買い物

セブ大聖堂(Cebu Metropolitan Cathedral)

1

セブ大聖堂(Cebu Metropolitan Cathedral

セブ大聖堂(通称 カセドラル教会、Cathedral church)はセブ島セブ市のダウンタウンにあるカソリック教会です。セブ大司教(セブ地域で最も権威のある聖職者)が在籍しており、セブ地域のカソリック教会を統括していいます。

<教会の歴史>
1595年、セブはフィリピンで始めてキリスト教の教区として制定されました。その後、セブ各地に教会が建てられていきます。セブ大聖堂もその当時に建設が始まった教会のひとつです。しかし、資金難により建設には長い年月がかかりました。最終的に教会は完成しましたが、第二次世界大戦の空爆でベルタワーと一部の壁を残して崩れてしまいました。現在は修復され全貌を見ることができます。

セブ大聖堂の特徴とサントニーニョ教会との違い>
セブを代表する教会といえばサントニーニョ教会を思い浮かべる人が多いと思います。フィリピン最古の教会として、また、観光地としても人気の高い教会です。次に名前のあがるのがセブ大聖堂(カセドラル教会)ではないでしょうか。この2つの教会はともにセブ市のダウンタウンにあります。距離も近く150mほどしか離れていません。しかし、この2つの教会は個性がだいぶ違います。

参拝する信者の数でいえばサントニーニョ教会が圧倒的です。逆にセブ大聖堂はその知名度から考えると参拝する信者は少ないと言えます。セブ大聖堂の参拝者は「サントニーニョ教会に来たついでに寄っている」という人が多いです。では、この人気の差はどこから来るのでしょうか。それは「ミラクル(miracle)」の差にあります。ここで言う「ミラクル」とは、参拝した後に起こった奇跡(願いが叶ったこと)を言います。このミラクルの数はサントニーニョ教会が圧倒的です。
では、セブ大聖堂の特徴とは何でしょうか? 一つはフィリピンの大司教が在籍している点です。現在、教会に在籍するセブ大司教はフィリピンで最も高い地位を務めています(フィリピンには大司教が4人います)。そのためこの教会はフィリピンで最も高いランクに位置し、マニラ大聖堂と並びフィリピンを代表する教会です。また、この教会に在籍した歴代大司教のご遺体が教会の地下に安置されています。
もう一つの特徴として、挙式をあげる教会として非常に人気が高いことです。白く美しい外観と豪華な造りの礼拝堂で挙げる挙式は大きな魅力です。一年を通して毎週日曜日は必ずと言っていいほど結婚式が行われています。

2
正面から見た教会です。幅広で安定感のあるデザインが特徴で、壁は厚く丈夫に作られています。この建築方法は自然災害に十分耐える耐久性を備えるのが目的です。スペインの植民地時代に建てられた教会の多くにこの建築方法を取り入れています。

3
大戦の戦火をまのがれたベルタワーです。正午⒓時と深夜⒓時、それと結婚式の時に鐘が鳴ります。私が訪れた日は複数の結婚式が行われていて何度も鐘が鳴っていました。

4
私が教会を訪れたのは2014年の最終日曜日でしたが、この日も結婚式が行われていました。

5
この長いバージンロードも人気の理由のひとつです。

6
3時間足らずの間に2組の結婚式が行われました。挙式が多い教会であることを垣間見ることができました。

7
教会の前にある中庭です。いつもきれいに手入れされています。

8
教会の隣にあるビショップハウスです。教会に在籍する神父が住む建物です。

9
なにか意味がありそうな建物ですが、トイレです。使用後に寄付金を黒い箱に入れます。2~5ペソが相場です。

10
外でイベントをするときに神父が立つ場所です。

11
Wish Place(願い事をする場所)です。サントニーニョ教会と比べると狭いです。日曜日の午後でしたが願い事をしていた人は3人でした。

12
懺悔室です。結婚の報告や、神に感謝したいことを伝えたり、困ったことや懺悔したいことを話します。隣の部屋の神父が助言や回答をしてくれます。毎週、水曜日と金曜日に利用できます。

 

13
洗礼の部屋です(茶色いドアの部屋)。洗礼とはキリスト教に入信する時の行事です。
すぐ隣がトイレ(左の白い部屋)になっています。洗礼に水を使うからでしょうか?

14
敷地内のお店です。改装中で商品を見ることができませんでしたが、サントニーニョ教会と同じように信仰心を高めるアイテムが売られていると推測します。

15
教会正面から道路を隔てた所にある教会事務所です。ここでセブ地域(セブ島全土と周辺の離島)の教会の管理や神父の派遣など業務的なことが行われます。セブ島のカソリック教会で挙式を挙げる場合はまずこちらの事務所に申込みをします。ただし、新郎・新婦ともカソリックに入信していなければなりません。

仮に、無宗教の日本人がセブのカソリック教会で挙式を挙げる場合、日本の出生届を出してある地域のカソリック教会に出向いて洗礼・入信をします。入信した証明書が発行されたら証明書をこちらの事務所に提出することで挙式の申込ができます。

セブ大聖堂で挙式を挙げる場合、チャペルの使用料と神父の派遣料でだけ10万ペソです。

 

アクセス

タクシーで行く場合、ドライバーに「カセドラル チャーチ(Cathedral church)」と伝えてください。

住所:Mabini Street, Cebu City, Cebu 6000
電話番号:(032)255-8823/(032)253-6422
開館時間 : 24時間
懺悔室利用可能時間 : 水・金曜日 午前10時~正午/午後4時~午後6時

タグ:

この投稿は 2015年1月8日 木曜日 6:01 PM に 広場・公園, 観光 カテゴリーに公開されました。
投稿者: cebuenglish

コメントをどうぞ

掲載日: 2015-01-08
更新日: 2015-12-08
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア