観光・遊び・買い物

トップス(Tops)

1
トップス(Tops)

トップスとはセブ市を見下ろす山の上にある展望台です。セブ市のブサイと呼ばれる地域の山頂にあります。高さは海抜約2000フィート(610m)あり、セブの街並みが一望できます。天気の良い日はマクタン島はもちろんのことオランゴ島やボホール島まで見渡せます。また、夜景がきれいなこともあって夕方から夜にかけて訪れる人が多いです。

トップスはそのデザインにも特徴があります。建物は円と半円を組み合わせたユニークな形をしています。また、敷地の形状も上から見ると円です。敷地内の地面は緩やかな円弧状になっています。そこに6角形のコンクリート板を何百枚も敷き詰めてあります。入口を入ってすぐに見える景色は山の頂上なのにまるで地平線を見ているかのようです。訪れた際はこれらも観察してみてください。

2
トップスの入口です。ここで入場チケットを係員に渡します。入場チケットは駐車場入口で購入しておきます。入場料は1人100ペソです。

3
はじめてトップスを訪れる人は入口を入った所で戸惑うと思います。なぜなら、そこからは空しか見えないからです。

4
前方に進んでいきます。地平線に向かって歩いているような、この瞬間が結構好きです。そして徐々に街並みが見えてきます。

5
端まで来ると「ドーン」と言う感じで、眼下にセブの街が広がります。

6
外周に沿っていくつもベンチが並んでいます。週末の夜になると眺めの良いベンチはカップルでいっぱいです。

7
展望台からの眺めにばかり目が行ってしまいがちですが、建物も注目してみてください。ユニークな造りをしています。

8
建物内の通路です。円形の通路が奥に向かって並んでいます。終わりが無いかのような錯覚を覚えます。

9
壁の仕切り毎にピクニック用のテーブルが備え付けてあります。ドリンクやスナックをあてに皆でくつろぐ事もできます。テーブルは自由に使用できます。

10
パートナー(恋人や夫婦)や友人との永遠の絆を祈る釣鐘です。鐘は自由に鳴らすことができます。
しかし、この日は釣鐘を鳴らす紐が付いてませんでした。柱の説明書きも外されていました。

11
トップスを訪れるのは夕方から夜がお勧めです。街の夜景がとてもきれいです。

トップスには地面を照らす照明がありません(建物内は明かりがあります)。夜景がきれいに見えるための配慮です。
しかし、夜景の見える所まで暗い中を歩くことになります。地面は少し凸凹しているので足元には気を付けてください。また、セブ島とはいえ日没後の山の上は想像するより気温が下がります。ジャケットなど羽織るものを一枚持っていると良いでしょ。

12
お店が4店舗入っています。飲物や簡単な食事・お菓子はここで購入できます。暖かいコーヒーや冷えたビールも売っています。ただし、値段は町のコンビニエンスストアの2倍です。

外からの食べ物の持ち込みは許可されています。

13
駐車場です。緑の屋根の小屋で入場チケットを買います。チケットは1日有効で。日付が変わるまで何度でも出入りできます。駐車料金は無料です。

 

アクセス 

タクシーで行く場合、ドライバーに「トップス(Tops)と伝えてください。ただし、トップスでは帰りのタクシーが拾えません。タクシードライバーと交渉して貸し切って帰るまで待ってもらってください。仮にアヤラモールから貸し切ってトップスまで往復する場合、1500ペソ前後での交渉になると思います。

モーターサイクルタクシー(ハバルハバル)で行く場合、ショッピングモールのJYスクエアから利用できます。JYスクエアの前の通りを歩いていると「トップス、トップス」とドライバーが声をかけてきます。モーターサイクルタクシーの場合も貸し切ってください。「1人500ペソで行くよ」と言ってくると思いますが地元の人の場合、運転手と乗客2人の3人乗りで往復150ペソ前後/1人です。外国人(フィリピン人以外)の場合は交渉で200ペソ以下まで下げることができれば十分かと思います。料金はJYスクエアに戻ってきてから渡すようにしてください。

トップスはジプニールートには入ってません。

 

住所:Malubog Busay, Cebu City
営業時間:24時間
定休日:無休
売店営業時間:昼⒓時~深夜⒓迄

この投稿は 2015年1月16日 金曜日 4:38 PM に 広場・公園, 観光 カテゴリーに公開されました。
投稿者: cebuenglish

コメントをどうぞ

掲載日: 2015-01-16
更新日: 2016-05-12
クチコミ数: 0
カテゴリ
エリア