飲食店・カフェ・バー

ランタウ フローティング ネイティブ レストラン(Lantaw Floating Native Restaurant)コルドバ店   マクタン島

1
ランタウ フローティング ネイティブ レストラン (Lantaw Floating Native Restaurant) コルドバ店  マクタン島

ランタウ フローティング ネイティブ レストランはフィリピン料理を提供するセブで人気の郷土料理レストランです。現在、セブ市周辺に3店舗(コルドバ店・ ブサイ店・ SRP店)があります。ここでご紹介するお店はランタウ コルドバ店です。セブ島の隣にあるマクタン島コルドバ地区にあります。ランタウ コルドバ店はランタウ系列の第1号店です。
 
マクタン島はサンゴ礁の島で海岸が遠浅になっているのが特徴です。特にコルドバ地区のDay-as Wharf は広い浅瀬になっていて、その浅瀬を利用してお店が海上に建てられています。見た目、水上に浮いているように見えるのが名前(Floating Restaurant、水上レストラン)の由来です。お店へ行くには岸から延びる突堤を通り、更にその先端から木製の桟橋を通ってお店に入ります。

<レストランへの木の桟橋>
2
海の浅瀬に伸びるコンクリートの突堤の終わりにランタウの入り口があります。ここから木製の橋を通ってレストランへ行きます。日が暮れてから薄暗く照らすオレンジ色のライトがランタウレストランの特徴で、南の島の夜の雰囲気を演出しています。

3
ディズニーランドのアトラクションの入口みたいでワクワクしてきます。

※通路は少し凸凹しているので足元に気をつけてください。

<南国の雰囲気たっぷりのレストラン>
4
レストランの建物は厨房のあるメインビル、テラス席エリア、予備席エリアの3つの部分から成ります。キッチンのあるメインビルはしっかりした屋根がついています。メインビルから奥に進むとテラス席エリアがあります。夕方から夜にかけてはテラス席が人気です。テラス席には屋根はありませんが夜空の下で食べる夕食は開放感満点です。テラス席エリアを奥に進むと予備席エリアがあります。予備席エリアには屋根があります。日中の日差しが強い時や雨が降った時、またはテラス席が満席の場合に使用します。

5
メインビルのテーブルです。屋根がありますが壁は無いのでこちらでも十分開放的です。突然の雨でも安心です。10人ほどの団体で予約して来るとこちらの席があてがわれます。

6
このレストランの「人気の理由」とも言えるテラス席です。ここから見える夜景が人気です。海からセブの夜景を眺めるレストランは他にはありません。また、マクタン空港を発着する飛行機がすぐ頭の上を行きかうのも面白いです。この夜景とあいまってテレビドラマのワンシーンのように見えます。

<お勧めの時間帯は>
7
夕焼けをまたぐ時間帯です。赤く染まった空が海面にも映り、幻想的な空間になります。この時間帯は非常に人気が高く、夕暮れに合わせて来店するお客様が多いため一番込み合います。

<注文例>
8
左、レッチョンカワリ(Lechon Kawali 210peso。やわらかくて肉の厚みもあってフィリピン肉料理らしからぬジューシーさでした。

右、ポークベリー Pork Brlly 180peso。こちらはフィリピンレストランの定番料理ですね。セブではおいしい牛肉になかなかお目にかかれませんが、豚肉料理は美味しくて値段も手頃です。

9
上、カラマーリ calamares 220peso。イカリングです。

下、シノグラウ(sinuglaw) 165peso 。酢漬けのキニラウに似ていますが魚ではなくグリルした豚肉が使われています。ココナッツミルクを組合せることによってキニラウよりまろやかな味わいになります。

10
「フローティング レストラン」と名前にありますが、実際は浮いているのではなく海底の土台から建っています。伝統的な作りに見える建物ですがしっかりと作られていて揺れなどは感じませんでした。

 

 

アクセス

レストランが街外れにあるため少し難易度が高いです。

<タクシー>
タクシーで行かれる場合、ドライバーに「ランタウ レストラン イン コルドバ(Lantaw Restaurant in Cordova)」と伝えてください。ただし、場所が街外れにあるのでセブ市内からだとメーター料金では行ってくれないと思います。メーター料金プラス50~100ペソで交渉してみてください。また、帰りのタクシーを拾うのが難しい場所です。レストランスタッフに帰りのタクシーを呼んでもらうこともできますが、めったに来てくれないと言うことです。時間帯によっては客を降ろしたタクシーがそのまま入口付近で客待ちしている場合がありますが、確実な方法として事前にタクシードライバーと交渉して食事が終るまで待ってもらうのが良いでしょう。その場合、メーター料金プラス追加料金1000ペソ前後になると思います。料金は最後に払うようにしてください。

<ぺディキャブ(サイドカー付自転車)>
11ジプニーに乗り慣れている方はジプニーとぺディキャブ乗り継ぎでも行けます。

レストランは一番近いジプニールートから1.5㎞離れています。ジプニー降りたら次はぺディキャブです。レストラン最寄のジプニーが通る交差点ではたいていぺディキャブが客待ちしているのでここで降りればすぐにぺディキャブを拾うことができます。帰りのぺディキャブもお店が閉まる頃までレストラン入口付近で客待ちしています。レストランから最寄のジプニーが通る交差点まで1人15ペソです。
(2015年1月現在)

自家用車で行かれる場合、レストランの入口に駐車場があります。

住所:Day-as Cordova Mactan, Cebu, Philippines
電話番号:032-514-2959 / 09332704731, 09175522813
営業時間:日~木 午前10時~午後10時。金・土 午前10時~午後11時45分
ホームページ:www.facebook.com/LantawFloatingNativeRestaurant

タグ:

この投稿は 2015年1月14日 水曜日 11:20 AM に アジアン, 飲食店・カフェ・バー カテゴリーに公開されました。
投稿者: cebuenglish

コメント / トラックバック1件

  1. […] [参考]ランタウ フローティング ネイティブ レストラン(Lantaw Floating Native Restaurant)コルドバ店 マクタン島 | セブローカル […]

コメントをどうぞ

掲載日: 2015-01-14
更新日: 2016-06-04
クチコミ数: 1
カテゴリ
エリア